ひより日和

piyostar.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

奄美大島の冬〜ジャングル〜

3日目(12月24日)
世の中はクリスマスイブ・・・
我が家はジャングル・・・
c0151875_0435317.jpg

3日目は名瀬から山道を西に・・・『金作原原生林』へ。
名瀬手前から向かう道もあるが、よくわからないまま、大浜海浜公園あたりまで行き、わかりやすい道で金作原へ集落を抜けて登っていく。
舗装道路を行き着くと未舗装のダート道。どんどん茂っていく。

ハブのことばかり気になる私たちは、ほとんど車から降りることもなく、降りても小走りで車に戻るようなせわしない探検。


c0151875_21265561.jpg 
金作原原生林まではこういう看板がいくつもあり、
わかりやすい。
看板横に車が一台とまっていた。
ネイチャーガイドと一緒に
歩いていた人の車らしいけど、
歩きも大丈夫なんだ・・・とそこでやっと一安心。








c0151875_2153372.jpgc0151875_21541129.jpgc0151875_21564843.jpg

























シダ類のヒカゲヘゴ。
くわずいもも、観葉植物のものとは
大きさが違う。



c0151875_22152775.jpg

残念ながら野生の動物には会えず

車の中から、『ママ!ちゃんと見てて!何かいるから!』と

叫んでいたひよの声は届かなかったようで・・・

まっ、私たち夫婦はハブに出会わなくて

よかったよかった・・・








c0151875_22205754.jpg



帰りは来た道を帰らず、途中名瀬市街の方へ出ようとした。
が、この道はダート道も激しく、ダートで8キロはとても長くて、かなりしんどかった。
最初に来た集落を抜けるのがきっと楽なコースかな。
他にも大和村方面、朝戸峠方面のルートもあるようです。

今回お世話になった、『内海公園バンガロー』
内海が目の前にあり、小さな小魚や、ボラ、タイらしき魚など、たくさん見えた。
釣りもしてみたが小さな小魚に一度あたりがあった程度。
敷地内には子供用の遊具もおかれ、親切な管理人さんも常駐しているので、何かと安心。
c0151875_030149.jpg


1棟4人までで、1泊7000円。
1階にリビング(リビングにはこたつ)キッチン、お風呂、トイレ。
2階にベッドルーム(シングルベッド2台と二段ベッド)

c0151875_0334085.jpgc0151875_0335779.jpgc0151875_035317.jpg

ひよは初めての二段ベッドに、興奮気味。
『今日は一人で寝る!』とベッドの2段目に上がって一人で
寝てしまった。
家では絵本を何冊も読まされるのに・・・今日のひよは少し大人。

今日は朝から小雨続きだったが、
金作原原生林についた頃は雨が上がり、少し歩くことも出来た。
小さな木の実や、木に生えた苔も、雨上がりで清々しい緑。
マイナスイオン浴びまくり。

金作原を後にして、とうとう帰る時間になりました。
16:30の飛行機に乗るため、奄美空港へ・・・

奄美空港に向かう途中の『けいはん ひさ倉』で遅い昼食。
ガイドブックにも乗る有名なお店らしいが、味はほんとにおいしかった。
あっさりとしていながらもしっかり味がある、
前日に食べた鶏飯もおいしかったけど、鶏の臭みがきつかったのでわたしはここの方がすき。
他のメニューも二人して声が出るおいしさ!



c0151875_1174523.jpg c0151875_1182410.jpgc0151875_1184260.jpg
(左)鶏飯1人前 スープとご飯、薬味がばらばらにでてくる。
(中央)ご飯を1膳分に薬味は2〜3回にわけ、スープをたっぷりかけて食べる。
(右)鳥刺し盛り。 もも、ささみ、砂ずり、軟骨、肝。これで一皿800円。
   安過ぎる!しかも全部おいしい。臭みなんて全くない。
   これは一人一皿でも全然食べれる。

コロコロ変わる天気。
振り回された気もするけど、比較的満喫出来た奄美大島の旅でした。



c0151875_10271597.jpg

[PR]
by piyostar | 2007-12-30 01:57 |

奄美大島の冬〜海岸〜

2日目(12月23日)
c0151875_0111927.jpg

朝起きると夜中降っていた雨も止み、少しだけど雲の隙間から青空が見えている。

今日の予定は晴れたらもう一度マングローブでカヤック。
雨の時は車でドライブ。
天気予報は曇り時々雨。
とっても微妙なので、カヤックは諦め、ドライブに決定!

まずは奄美の南西に位置する、ホノホシ海岸へ。

大きな石がゴロゴロと海岸に敷き詰められています。奄美も冬の海はとても荒々しいです。
              



ホノホシ海岸を後にし、ちょっと遊びすぎたので、急いで大浜海岸に向かいます。
奄美は意外に広く、ちょっとした移動も結構時間がかかります。
特に名瀬の市街地を抜けるのは、渋滞はしてないけれど、時間がかかります。(みんなゆっくり運転です)
車に乗って晴れた方に向かって走るのは何とも爽快です。期待大です。

c0151875_22504818.jpg



峠を下ると目の前は思わず声の出るコバルトブルーでした。

大浜海浜公園には奄美海洋展示館、同じ敷地内に『タラソ奄美の竜宮』スパ施設など海岸の公園だけでなく、雨でもしっかり遊べる所です。
旅が決まり、今回はキャンプにしよう!決めた所がここにある小浜キャンプ場。
ただ冬キャンは北風ピープーなのでかなり過酷です。

海洋展示館ヘ行く前に隣の『タラソ奄美の竜宮』内にあるレストラン『月桃庵』でランチ。
店内の雰囲気は、アジアンテイストで落ち着いた感じ。
テラスに出て海を眺めながらでもいい感じ。
お店の雰囲気とこのロケーションからして、ランチが600円なのには驚いた。
私たちは肉と魚の日替わりランチ,ひよはキッズカレーセット。
ひよのセットには奄美らしい、黒糖のアイスがついていた。
c0151875_22574826.jpg
c0151875_22583714.jpg
c0151875_22585466.jpg


c0151875_2314163.jpg

お腹もいっぱいになった所で、海洋展示館へ。
外壁にはブーゲンビリア、建物は丸い貝のような形をしています。
いきなりウミガメも泳ぐ大水槽。大きな規模ではないけれど、ひよくらいには丁度良いサイズ。
c0151875_2315953.jpg

ひよもテンション上がりまくりです!

ウミガメの赤ちゃんやなまこ、ひとでとのふれあい広場もあります。
私はウミガメの赤ちゃんにはやられました。
いつか絶対、赤ちゃんたちが頑張って海に帰っていく所を見てみたいなと思いました。
c0151875_232507.jpg
c0151875_2331643.jpg
c0151875_233456.jpg
ひよもこわごわながらも何度も何度も触っていました。





  




サンセットビーチとして有名な大浜海岸。
きれいな夕日を見ようと、強風の中、1時間以上待ち続けたのに、次から次へと黒い濃い雲がやってくる。雲は切れ間なく、時々夕日を見せてはくれたが、残念ながら見ることは出来ませんでした。
三脚まで建てて、準備万端だったのに・・・
この頃、私の足に異変が・・・力が入らずガクガクする。
なんだろう・・・と悩んでいたら翌朝に答えが出ました。
前日のカヤックで足まで緊張していたため、筋肉疲労で筋肉痛。
3日目にして筋肉痛・・・ひどい話。歳を恨むわ。

大浜海岸からまた名瀬に戻り、夕食。
今回は郷土料理もよくわからず、何がおいしいのかもわからないので、2日とも居酒屋に行きました。
2日目に行った『若大将』は何を頼んでもおいしくて、海の物が最高でした。
c0151875_2364052.jpgc0151875_236526.jpgc0151875_2372082.jpg
(上の写真)トビンニャと言う貝。絶品です。お持ち帰りして、パパのあてになりました。
(右の写真)タナガ(手長エビの唐揚げ)想像通り!文句なし!
(右下の写真)赤うるめ(沖縄でグルクンと呼ばれる赤い魚)の塩焼き。柔らかくておいし〜塩焼きは初めて食べたけど、唐揚げに勝るとも劣らないおいしさです!
ほんとに何をたのんでもおいしかったです。





結局、奄美でサンセットは見れず・・・満点の星空も眺めることは出来ませんでした。
c0151875_235152.jpg


                                                            もうちょっと続きます。
[PR]
by piyostar | 2007-12-28 01:21 |

奄美大島の冬〜マングローブ編〜(12/22〜24)

1日目(12月22日)
c0151875_2338489.jpg

ひよが産まれてから、この時期に南の島に行くのが恒例となっている。
昨年までの2年は,八重山諸島 石垣島 竹富島へ。
今年は西表島に行こうと計画を練っていたが、飛行機のチケットが取れず断念。
以前、台風で欠航となって行けなかった奄美大島へ行き先を変更!

南の島といえども、奄美大島は鹿児島県、平均気温21℃。沖縄に比べたら冬らしい冬が来る。
自宅を出てから一枚一枚着ている服を脱いでいくような、体に優しい気候です・・・

今回は、奄美でキャンプをする予定だった。でも出発までの一週間、予報は毎日 雨。
ついてないと思いつつ、1泊だけバンガローを予約し、希望を残して一応キャンプ道具を背負って出かけた。

大阪も朝から雨。

それがすっごい裏切り!
奄美は快晴。
当日、早朝までの予報は雨だったのに!


テンションはMAXに・・・
c0151875_23475672.jpg

晴れたうちに行動してしまおうと、まず向かったのが住用村マングローブ!
今回お世話になったのは『マングローブ茶屋』
c0151875_234313100.jpg

マングローブは潮汐によってある時間冠水される湿地に生育する樹木群の総称で、主にはメヒルギ、オヒルギからなっているが、中にはすすきや松などいろんな種類のものも生育している。
川は気水域で海水と淡水が混じるため、海の魚もたくさん上がってくる。
栄養たっぷりなマングローブ原生林にはガザミやオキナワアナシャコ、リュウキュウアユなどもたくさんの生き物が生息している。
 
ガイドの方に乗り方や注意点を教わり、すぐに流れのある川へGO!
もちろん私は緊張しまくりで、何度ガイドさんに
『おかあさ〜ん!落ち着いてください!』っていわれたか・・・どんだけあっぷあっぷしてたのか・・・
こぎ始めて20分ほどで私の腕はパンパンになってしまった。
どれだけ力を入れてパドリングしていたのか・・・きっとセンスない。

迷路のようなマングローブをゆっくりゆっくり進んで行くうちに、なんとなく慣れてきて写真を撮る余裕も出てきた。


c0151875_23435410.jpg
c0151875_23444393.jpg
c0151875_23453367.jpg

青空の下で、まったり風に吹かれ、流されながらもパドルをおいて、ちょっと休憩。
幸せ〜

川に合流して、少し休憩したとこでガイドさんより
『もう少しゆっくりして行かれます?好きなだけ乗ってきてください!』と・・・なんて自由なんだ〜
一人ガイド付き1500円でほぼ好きなだけ乗れる。

お言葉に甘えて、今来たマングローブを引き返すことに。


ひよは向かっている車の中から、かたくなに『お船怖いから嫌なの』『行きたくないの、ジイジのお家で待ってるから迎えにきてね』とかなり後ろ向き。
マングローブ茶屋の手前にあるマングローブパークの公園で遊ばせてから,ご機嫌になったとこで、半強制的にカヤックに乗せた。

私は自分の艇を操るのに必死でしたが、パパはひよのご機嫌を取るのに必死だったようで、途中『もうこわくない』と言って楽しそうに水面を触ったり、覗き込んだりしてるので一安心・・・

終始テンションが高かったので(ママだけですが)あっという間に時間は過ぎ、気づけば2時間以上も経っていました。
まだまだ乗りたい気持ちでいっぱいでしたが、又明日乗ろう!とひとまず退散。
マングローブで釣りをしようと道具も揃えていたけど、結局この日は出すことはなく
(明日の天気がどうなるかも知らずに・・・)
今思えば少しでもすれば良かったと、ちょっと後悔です・・・
c0151875_055321.jpg
c0151875_061114.jpg
c0151875_23593445.jpg
c0151875_011149.jpg
バンガローにチェックインしてから、奄美市内名瀬(旧名瀬市)の居酒屋で夕食。


c0151875_023550.jpg


ご飯を食べて、車に乗り込むとを雨がぱらぱら降ってきた。
天気予報はあたったのか・・・焼酎でいい気分になってるパパと夜になってもテンションの下がらないひよを乗せて、まっくらな山道をバンガローまで運転。

これからの天気はいったいどうなるのやら・・・

                                     まだまだ続きます
[PR]
by piyostar | 2007-12-27 03:04 |

しまじろうに会いにいく

12月17日(月)
c0151875_2082245.jpg
恒例のしまじろうのクリスマスコンサート。
前回のコンサートの時は会場の暗闇と,着ぐるみに楽しめず、半泣きで帰りましたが、
さすが3歳になったんだな〜
進行役のお姉さんの言うこともよく理解して、答えたりしている。
それだけでも微笑ましいな〜








c0151875_23154087.jpg



大阪の厚生年金会館は、地下鉄四ツ橋の駅から徒歩10分弱。
街のどまん中。

雑居ビルに囲まれた公園のブランコもやっぱり取り外されていた。
問題があるのも確かで、取り外すのもわかるけど、早く子供が楽しく遊べる公園に戻ってほしい。
ブランコのない公園の期間がちょっと長いような気がする。








このところ夕焼けを眺めるのが癖のようになっている。
今日も地味な夕焼けだったけどきれいでした。

c0151875_21584395.jpg

[PR]
by piyostar | 2007-12-18 19:07 | ひより日記

インドア派

c0151875_2053612.jpg

この頃のひよは以前のアウトドアな遊びより、インドアな面を見せるようになった。
塗り絵をしたり、パズルをしたり、おままごとをしたり・・・

今までは『ひよは何が好き?』と聞いても電車が好きと答え、実際ぬいぐるみや、女の子チックなものを与えても何分と持たない。
家遊びより、外遊びが大好き。

急に目覚めた女の子遊び・・・母親的にはとてもうれしい、インドア派も大歓迎!

今年は初めてクリスマスを理解(微妙だけど)して,プレゼントのお願いもしている様子。

(二拍手)『サンタさん、車のおもちゃください!』(一礼)

やっぱりそれか・・・
サンタさん、どうします?

c0151875_2062422.jpg

[PR]
by piyostar | 2007-12-17 20:07 | ひより日記

母子キャン!

c0151875_124223.jpg

すっきりしない風邪のせいで、せっかく誘ってもらったキャンプも欠席。
・・・のはずだったが、
土曜日の朝,意外にも空はすっきり晴れている・・・
ひよの咳も鼻水もとまっている・・・

これは行かねば!

と9時過ぎに起きた(かなりぐうたら・・・)にもかかわらず
ばたばたと家事を済ませ、友達に参加します!と連絡をいれ、
能勢町にある自然の森に向かった。

もうすっかり冬の景色。
紅葉も終わり、茶色一色の世界。

車から降りると,やっぱり空気はひんやり。
ひよにはこれでもかと厚着をさせた。

迎えてくれた友達のサイトは、ぽかぽかの日向で、暖かかった上、
テントの中には3つもストーブがあって、かなり快適!
ひよも鼻水をたらすことなく、快適に過ごせた様子。
c0151875_151482.jpg

お昼も突然思いついたため,冷蔵庫にある、ラーメン1食分と薬味少々のみ持参で,ひよはお友達のバーベQのお肉を催促する始末・・・
ごちそうさまでした〜
c0151875_1261898.jpg

ご飯の後は、これ又お裾分けのおやつタイム!
ミルで引き立てのコーヒーと、クルミのたくさんはいったブラウニー。
とってもおいしかったです。


何から何まで用意してもらって、おやつもいただいて、さらにキャンプ場からは
石釜で焼いたピザのお裾分け。
なんて幸せなひととき!


あっという間に薄暗くなってきて帰る時間になり、渋々帰宅です。
機関銃のようにしゃべっても、もっと話したいことあるし、車にはシュラフも積んだまま・・・泊まっちゃう?なんて思いも沸々・・・いやいや帰らないと・・・
すご〜い後ろ髪引かれる気分でした。
キャンプ場のHPを見ると日曜日の朝は初雪!
雪、見たかったな〜

c0151875_1333723.jpg

[PR]
by piyostar | 2007-12-17 01:33 | キャンプ

X'mas party!

12月10日(月)

ひよのスイミングのお友達とママたち、
総勢13人(3歳児5人、0歳児3人、ママ5人)の
少し早いX'mas party!
c0151875_22384473.jpg


なぜだか会場は我が家に決まり、朝から大掃除!

ま、それはいいとして・・・
スイミング以外であうこともない子供たちは、かなりのハイテンション。
男の子3人、女の子2人。
後のちびっ子はソファにごろんと寝かされ,ママたちも所狭しと座り,あっという間にくつろぎモード。(私的には一安心・・・)

お昼は唐揚げとサラダを用意,ピザとポテトなどを注文してpartyの始まりです。

c0151875_224562.jpg
と言っても3歳児、あっという間に遊び始めます。

子供たちにひととおり食べさせてからママたちのランチです。

いつもはお昼寝をするひよも、テンションは下がりません。
ちびっ子組は本能のままに泣き,何度もお昼寝をします。



c0151875_2253988.jpg

窓に張ったお飾り、無情にもはがされ・・・子供たちの作品が並びます。
c0151875_23184394.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎました。
後に残るは親の疲れ・・・!?

この疲れが子育て奮闘しているな〜という爽快感に変わるのかしら?

みんなが帰った後、ひよに『今日は楽しかったね〜』というとひよは、
『おもしろくなかったの・・・』『え〜!なんで?』(そんなこといわないで〜ってことを言い出す。)

よくよく聞いてみると、最初から最後まで自分のおもちゃを貸してあげることへの葛藤でいっぱいいっぱいだったよう・・・
貸してあげなきゃ・・・けど,『いや!』と言いたい。
最初はどうなるかと思ったけど(『いや〜!ひよたんの!』連発だったもんな〜)
まあ良く頑張ったんじゃないかな、ひよたん!
[PR]
by piyostar | 2007-12-11 23:21 | ひより日記

曽爾高原

12月9日(日)

体力増進とメタボ対策に、山歩きを始めることになった。
既に山歩きに興味津々で,頭の中でかなりの山を登ってきた・・・
(かなり妄想の世界)
『来年夏には、上高地から穂高に行ってみようよ〜』なんて、全く現実離れしている。
今日は曽爾高原から倶留尊山を目指したが,途中二本ボソまでで断念。
1000mなんて,単なる(お散歩チックな)ハイキングくらいに思っていた。
きっとみんなにはこれくらい・・・くらいの山なんだろうけど
1000mは私たちには高い高い目標となってしまった・・・


自宅を9時に出発、大した渋滞にも巻き込まれず11時過ぎに曽爾高原に到着。
秋になるとススキの群生が日に当たり,黄金に光ると有名な高原。
c0151875_1205922.jpg
10月末に来た時は、辺り一面真っ白な霧に覆われて,何がなんだか・・・すすきの見頃は終わりかけ!?だけど今回はリベンジです。
とはいえ霧は出ていないものの全く青空は見えない曇り空です。
気温も9℃くらい。私はフリースにハードシェル、パパはインナーダウンをプラスするという,かなり寒い日でした。

途中倶留尊山、亀山方面に階段が作られ,平坦な道から急に登りになります。
c0151875_1232184.jpg



c0151875_127523.jpg
 
        ここまで来るとすすき一面の曽爾高原が一望でき、
        お亀池(水のない湿地帯)のひょうたん型がはっきり見えます。

c0151875_149465.jpg

        パパが13kgのひよを背負い上がってきます。
        強い風が吹くとぐらっするくらいの吹きさらし状態。
        正直こわ〜い!

c0151875_1514072.jpg

           途中からほっとするような林道・・・

c0151875_1512419.jpg

           この辺でパパが一言・・・『足が上がらへん・・・』

c0151875_1534048.jpg

二本ボソ到着!
ここから先は入山料一人500円、小屋で支払います。ここは私有地で、登山者のために開放しているらしい。
c0151875_1535980.jpg
二本ボソは日本三百名山の一つ倶留尊山が目の前に見える、すばらしい眺め!
二本ボソに到着した瞬間に500円いる=今日の私たちみたいな弱虫さんは、500円の展望台にでも登ったような気分。

ここからもう一度下り,倶留尊山に登るようで,私たちは次なる目標にして,今日は諦めました。
これ以上は無理・・・
又着た道を帰るコースになるが,上りと下りでこんなに違うのかとびっくり。
下から見上げながら登った時は,下山する時が怖くてたまらなかったが、足下ばかりを見て降りるので(初心者はよそ見するべからず・・・です)その怖さはなく、でも開放感というか,無事降りて来れたので充実感が沸々と・・・
でも油断は禁物。
下山中の事故が一番多い!んですよね!?(勉強中)
下から若い女の子のグループがわいわい言いながら上がってくる、全く山歩きをする格好ではなくコートにブーツ状態なので、心配になってしばらくみてしまった。



 
c0151875_2273363.jpg
c0151875_252697.jpg

          日が射してきた!
          これぞ!すすきの絨毯。


c0151875_274576.jpg
持ってきたサンドイッチとホットドッグ(リュックの中で潰れてしまったかわいそうな食料たち)とお味噌汁で遅いお昼ご飯。
c0151875_294337.jpg
お亀の湯で冷えた体をあっためて帰路へつきました。

c0151875_2105228.jpg
曽爾ファームガーデン、お亀の湯の間にあるパン屋さん。すべて米粉で作ってあり、もちもちふっくら!前回買って食べて、すっかり気に入ってしまったパンやさん。曽爾高原に上がる前に焼上がりを取り置きしてもらうようにお願いしていました!帰る頃には何もなかったんです(前回)
今回はヤーコンパンとカボチャパンをゲットしました!

帰る頃にはきれいな夕焼けが・・・これが最高です!
c0151875_13341383.jpg

[PR]
by piyostar | 2007-12-10 02:32 | 山歩き

お試し品

c0151875_101327.jpg

トランギア[trangia]ストームクッカー
を考察中の我が家は、
性能的に不安だったアルコールバーナーを試すべく?一足先に購入・・・
アルコールバーナーって実際どれくらいの火力?
ほんとにお湯とか沸くの?
ってシンプルに疑問がいっぱい。


現在我が家は、PRIMUSのツーバーナー(を勝手に工作しシングルバーナーにして)とクッカーはUNIの Fan5DXを家族3人で使っている。
このクッカー自体は使いやすく、とっても良いもの!
だけど正直重くて大きすぎた。

ガスのバーナーの楽さを知っていると,アルコールバーナーは未知。
でもこれは根本的に使うシチュエーションが違うので比べるものではないな。

とはいえ、快適なオートキャンプもしたいし、バックパックキャンプもしたいし,いつかは山にも登りたい。
欲張りで貧乏性な私は、一通りの使用法ではもったいないと思ってしまう。これは私の定義か・・・

パパの買い物にあれやこれやと難癖つけるのが私の役目だが,
今回はこのストームクッカー欲しくなった。
火力については、思ったより強く、自宅の鍋で試した所、特に遅くもなく、意外に早く沸いたことに驚いた。

しかも静か〜!

これってガスのバーナー,うるさいものは,途中話も出来ないじゃないですか!?そういうのが良いという方はともかく,おしゃべりな私にはあの時間がとっても不快。
その後、パパが最後まで燃焼させる、とほったらかし、かなりの時間燃え続けた。
食後でなければ。せめて目玉焼きでも焼いて楽しみたかったな〜
アルコールも少量でいいし,近所の薬局で簡単に買える。

これって良いかも〜!
[PR]
by piyostar | 2007-12-08 11:21 | キャンプ

約束・・・

先日の結婚式の前日、
『ママ明日一日いないけど良い子しててね!日曜日は何処か行きたい?』
『公園!』
まあいつも公園・・・っていわれるが、土曜日久々に単独、独身気分を味わわせてくれたので、お礼に約束した。
c0151875_1455264.jpg
んで選んだのは 有馬富士公園。
c0151875_1475681.jpg
芝生公園や有馬富士の登山道、自然観察ルートなど公園と言っても多目的、広い敷地に広がっている。朝から、はりきってはいるものの前日の寝不足のせいでなかなか用意も出来ず,家をでたのは2時前、そこからナビの抜け道コースにまんまとだまされ(ナビを使い切れていない私たち)、普通1時間でつく所、2時間弱かかってしまった。


公園に着いたのは4時前。
日も傾きかけ、空気も冷たくなっている。
脇目もふらず、子供の遊具がある広場まで早歩き早歩き・・・
この他にも迷路や泥遊びコーナーなど盛りだくさん!
c0151875_146555.jpg


パパに連れられこわごわ登ってます。


c0151875_148448.jpg

あっという間に夕日が沈み,薄暗くなってしまった。
ひよは不完全燃焼気味・・・
又来ると約束せざるを得なくなった。

楽しそうに遊んでいたので,ほんと申し訳なかった。
c0151875_1492519.jpg

公園の端っこに(公園内になるかはよくわからないが)千丈寺湖(青野ダム)がある。
ここは私が釣りにハマった約6年前、バスを釣りによく来た所だった。今でもバス釣りで有名な湖。久々に覗いてみたかったが、もうすっかり夜。またにしよう!

帰りに176号線沿いの好日山荘で物色。
ひよのCROCSの後継サンダル、Tevaのサンダル(セール品)をゲット!
これも足を3点のベルクロで止めるため動きやすく脱げにくい。足も痛くなりにくいらしい。パパはこれの親父バージョンを持っている。
CROCSは彼女のお気に入りなので小さくなった所で,このサンダルに変えてくれるかは疑問・・・

帰りは西北有料道路で宝塚へひとっ飛び!
宝塚の小林からすぐの『味味(みみ)』という焼き肉屋さん。
何年かぶりに行ったけど,やっぱりおいしかった〜
タン刺し、ロース、サイコロ・・・が特においしかった〜
禁肉状態だった我が家に命の光が〜って大げさですが,それほどに感動!
パパはもう10年以上も昔に来たらしいが、おばちゃんが全く変わってない(老けてない)って驚いてましたね〜
これからは我が家の心のよりどころになって頂けるでしょうか〜
 
というかなぜ今までいかなかったのでしょう・・・???

カメラはしっかり車におきっぱなしで写真はない・・・
ブログ初心者って感じです。
[PR]
by piyostar | 2007-12-04 01:05 | ひより日記