ひより日和

piyostar.exblog.jp
ブログトップ

はじめての貸し切り・・・滝の下キャンプ場

c0151875_072033.jpg

2008年7月オープンの『滝の下キャンプ場』にいってきました。





『滝の下キャンプ場』は7月の初めの週末に大野山アルプスウェイのデイキャンの帰りに偶然トップの写真の看板を見つけ、興味本位で見に行ったときに見つけました。

c0151875_0211272.jpg

猪名川変電所の裏道を行き止まりまでいき、左手にある林道に入ってしばらく鬱蒼とした道を進むと、突然空が開け、キャンプ場に到着します。
この林道は一瞬間違えた?と思うような過酷な林道です。
c0151875_0214441.jpg

上流には猪名川不動尊があり、参拝者と時々車ですれ違います。

正直、対向車には出会いたくないです。
前回の下見のときは、3度ほど参拝の車の方とすれ違い、立ち往生になったりもしました。

この日は夕方にふと、キャンプ行きたいな〜と思い、ひよに聞いてみると一つ返事で『行く!!』というので、そこから急遽準備。

この無理がたたって、私の腰はかなりきつい状態で週末を過ごす事になったわけですが・・・。

到着したのは午後8時。

予約をしようとあるブログの記事にあった問い合わせ先に連絡をいれてみると、『一組だけこられてますよ〜広々と使ってください〜』と何ともアバウトな感じ。

名前も聞かれなかったけど、一応何かあっては困るし、名前を(自分から)名乗って、予約させて頂きました。

実際、行ってみると私たちは貸し切り状態。先客の方はどうして帰られたんだろう・・・と疑問。

まあ手作り感たっぷりのキャンプ場だったので,こういう感じもありかな〜
c0151875_0354444.jpg
料金は大人300円 子供100円、翌朝の8時頃、徴収しにこられました。

管理をされているのは三福電機株式会社さん。問い合わせ先は 三福電機株式会社 (サンポーと読むのかな)   072(768)1255 。

トイレは簡易トイレが二つ。
前回来たときは既に誰かが使用された後でか、虫もいなくてとてもきれいなトイレでしたが、今回は大きな蚊のような虫がわんさか。
比較的平気な私もすぐに入る事が出来ず,しばらく扉を開け放し、虫が去るのをまちました。

今度くるときはトイレ用に蚊取り線香を持ってこようと思います。


c0151875_036074.jpg
炊事場は水道の蛇口が三つありますが、ホースから川の上流の水が流れ出ているだけで、水道は使えません。
洗い物をする程度に使いましたが、垂れ流して川につながるので最小限に。

川から上流を見ると遥か奥までホースが接続されています(そのホースを通って水が炊事場まできています)

まあでも特に不便は感じませんでした。


c0151875_0454983.jpg

後は焚火床が一つと、かまどのようなものが一つあります。
他のキャンパーさんがいれば、共同になります。

私たちは翌日、炭をいこすときに使わせて頂きました。

管理人さんにも直接話を聞いてないのですが、薪なども自由に使っていいようです。

施設的には必要最小限のものしか無く、不便と感じられる方もいらっしゃると思います。



自然の中にぽっかりサイトがあるので、夜には足下に小クワガタが飛んできていたり、朝早くからカブトムシやクワガタを探しにくる方も多く,自然がほんとにいっぱいでした。

川に入ってみても、メダカのような小さな魚や、沢ガニ、タニシなど、小さな子供も安全で楽しめるキャンプ場でした。
c0151875_1133085.jpg

キャンプのレポはまた・・・
[PR]
by piyostar | 2008-08-05 00:47 | キャンプ