ひより日和

piyostar.exblog.jp
ブログトップ

奄美大島の冬〜マングローブ編〜(12/22〜24)

1日目(12月22日)
c0151875_2338489.jpg

ひよが産まれてから、この時期に南の島に行くのが恒例となっている。
昨年までの2年は,八重山諸島 石垣島 竹富島へ。
今年は西表島に行こうと計画を練っていたが、飛行機のチケットが取れず断念。
以前、台風で欠航となって行けなかった奄美大島へ行き先を変更!

南の島といえども、奄美大島は鹿児島県、平均気温21℃。沖縄に比べたら冬らしい冬が来る。
自宅を出てから一枚一枚着ている服を脱いでいくような、体に優しい気候です・・・

今回は、奄美でキャンプをする予定だった。でも出発までの一週間、予報は毎日 雨。
ついてないと思いつつ、1泊だけバンガローを予約し、希望を残して一応キャンプ道具を背負って出かけた。

大阪も朝から雨。

それがすっごい裏切り!
奄美は快晴。
当日、早朝までの予報は雨だったのに!


テンションはMAXに・・・
c0151875_23475672.jpg

晴れたうちに行動してしまおうと、まず向かったのが住用村マングローブ!
今回お世話になったのは『マングローブ茶屋』
c0151875_234313100.jpg

マングローブは潮汐によってある時間冠水される湿地に生育する樹木群の総称で、主にはメヒルギ、オヒルギからなっているが、中にはすすきや松などいろんな種類のものも生育している。
川は気水域で海水と淡水が混じるため、海の魚もたくさん上がってくる。
栄養たっぷりなマングローブ原生林にはガザミやオキナワアナシャコ、リュウキュウアユなどもたくさんの生き物が生息している。
 
ガイドの方に乗り方や注意点を教わり、すぐに流れのある川へGO!
もちろん私は緊張しまくりで、何度ガイドさんに
『おかあさ〜ん!落ち着いてください!』っていわれたか・・・どんだけあっぷあっぷしてたのか・・・
こぎ始めて20分ほどで私の腕はパンパンになってしまった。
どれだけ力を入れてパドリングしていたのか・・・きっとセンスない。

迷路のようなマングローブをゆっくりゆっくり進んで行くうちに、なんとなく慣れてきて写真を撮る余裕も出てきた。


c0151875_23435410.jpg
c0151875_23444393.jpg
c0151875_23453367.jpg

青空の下で、まったり風に吹かれ、流されながらもパドルをおいて、ちょっと休憩。
幸せ〜

川に合流して、少し休憩したとこでガイドさんより
『もう少しゆっくりして行かれます?好きなだけ乗ってきてください!』と・・・なんて自由なんだ〜
一人ガイド付き1500円でほぼ好きなだけ乗れる。

お言葉に甘えて、今来たマングローブを引き返すことに。


ひよは向かっている車の中から、かたくなに『お船怖いから嫌なの』『行きたくないの、ジイジのお家で待ってるから迎えにきてね』とかなり後ろ向き。
マングローブ茶屋の手前にあるマングローブパークの公園で遊ばせてから,ご機嫌になったとこで、半強制的にカヤックに乗せた。

私は自分の艇を操るのに必死でしたが、パパはひよのご機嫌を取るのに必死だったようで、途中『もうこわくない』と言って楽しそうに水面を触ったり、覗き込んだりしてるので一安心・・・

終始テンションが高かったので(ママだけですが)あっという間に時間は過ぎ、気づけば2時間以上も経っていました。
まだまだ乗りたい気持ちでいっぱいでしたが、又明日乗ろう!とひとまず退散。
マングローブで釣りをしようと道具も揃えていたけど、結局この日は出すことはなく
(明日の天気がどうなるかも知らずに・・・)
今思えば少しでもすれば良かったと、ちょっと後悔です・・・
c0151875_055321.jpg
c0151875_061114.jpg
c0151875_23593445.jpg
c0151875_011149.jpg
バンガローにチェックインしてから、奄美市内名瀬(旧名瀬市)の居酒屋で夕食。


c0151875_023550.jpg


ご飯を食べて、車に乗り込むとを雨がぱらぱら降ってきた。
天気予報はあたったのか・・・焼酎でいい気分になってるパパと夜になってもテンションの下がらないひよを乗せて、まっくらな山道をバンガローまで運転。

これからの天気はいったいどうなるのやら・・・

                                     まだまだ続きます
[PR]
by piyostar | 2007-12-27 03:04 |