ひより日和

piyostar.exblog.jp
ブログトップ

またうちへ来てね。

c0151875_2029856.jpg

突然のお別れでした・・・




5月23日、朝起きるとキマは動かなくなっていました。

4月5日に我が家へ来てから5月23日まで、ひよの良き遊び相手、私の唯一の癒しとなってくれたキマ。

あまりの早さに戸惑いました。

『キマちゃんが良い〜!!』ママもそう思うよ!!

ひよも私も、キマが生まれ変わり、我が家へ帰って来てほしいと思います。


小動物は体の抵抗力も小さく、悪化し始めると数日と言わず数時間で死に至る事が有ります。
前日5月22日のお昼頃、目やにで目が開かなくなっていたので、結膜炎でも起こしたのかと思い,動物病院に連れていきました。その時はえさも食べれていない状態でした。
病院では 結膜炎の点眼薬(タリビット)を出してもらいましたが、そのとき先生には
『結膜炎なら、3日程で良くなります。でも餌を食べなかったり、体調が悪くなったら、全身的な疾患から来ていると思われます』と言われました。
キマは後者だったようです。目やにでちゃんと開いていないからか顔はむくんで腫れているように見え、歩き回る姿もヨロヨロで、壁やものにぶつかってはしばらくじーっと動かないでいました。
行動もおかしいし、一度も噛んだ事のなかったキマが、私の手を思いっきり噛んだりしました。
キマが死んだ後、動物病院に一報をいれ,今回の考えられる可能性のある原因を伺いました。
まず結膜炎はトイレに入れている砂が原因になる事が有るそうです。目に傷がついてしまうのです。
次に考えられるのは感染症。お家へ帰って来てから感染する可能性は低いそうで、ペットショップにいた時から何らかの感染にあい、潜伏期間を経て、か、何かのきっかけに発症してしまったのかもしれない、と言う事でした。
まあハムスターは風邪を引いても重症化しやすいと聞いていましたが、他の『感染』という可能性もあるという事を知りました。

今度キマが生まれ変わり,我が家へ帰った来たときの為に少し知識をいれておきたいと思いました。
[PR]
by piyostar | 2009-06-03 21:09 | キマ日記(ハムスター)